2017年06月26日タカタ 民事再生法申請

 欠陥エアバッグ問題が引きずり経営が悪化しているタカタ株式会社が東京地裁に民事再生法を申請、受理された。3月末のグループ負債総額は約3800億円。現在、自動車メーカーが肩代わりしているリコール費用を加えると最終的には1兆円を超える見込みで製造業としては戦後最大の倒産となる。髙田重之会長兼社長は2018年3月までに経営責任を取って辞任する。

 初動対応のまずさが招いた当然の結果だろう。