2017年05月18日東芝株でインサイダー疑惑

   2015年に発覚した東芝の会計不祥事を巡り、証券取引等監視委員会が同社株を取引した40代の男性医師の関係先を金融商品取引法違反容疑で強制調査していたことが、市場関係者の話で分かった。公表前のインサイダー情報を基に東芝株を取引した疑いがあるという。

    東芝の会社関係者から内部情報を入手したとみられ、監視委は株取引の経緯などを調べている。