2017年07月04日過労死を認定 キューソーティス社員

 食品運送会社キユーソーティス株式会社の男性社員が月108時間の残業が原因で過労死したとして、八王子労働基準監督署が労災の認定を行っていたことが分かった。

 同社をめぐっては、古河労基署が2016年3月、社員に労使協定を超える時間外労働をさせていたとして、労働基準法違反容疑で法人としての同社を水戸地検下妻支部に書類送検している。