2017年09月20日O157で女児死亡問題 系列惣菜店閉鎖

 東京都の3歳女児が亡くなった腸管出血性大腸菌O157による食中毒事件は、群馬、埼玉、栃木の系列総菜店全17店が閉鎖する事態となった。店舗の閉店を発表した運営元のフレッシュコーポレーションは原材料の精査を中心に調査を継続する意向だというが、立ち入り検査を実施していた埼玉県は全店閉店の決定を事前に知らされていなかった。

 検査は「再開後の衛生管理」「マニュアルの履行状況」などを軸に実施、8店舗に対し「問題ない」との結論を出していた。