2017年08月23日O157の感染で工場へ立ち入り調査 高崎市

 「でりしゃす籠原店」などで8月7日から8日にかけてポテトサラダを購入し食べた客が腸管出血性O157に感染した食中毒で、群馬県高崎市が同商品を加工出荷したフレッシュコーポレーションの加工工場に立ち入り調査を実施。同社は栃木県、群馬県、埼玉県などで店舗を展開している。今回、14人が腹痛などを訴えそのうち10人の検体からO157が検出されている。