2019年12月27日かんぽと郵便の処分を発表 総務省と金融庁

 総務省は、かんぽ生命保険と日本郵便の保険商品の不適切契約問題を巡り、かんぽ生命保険に対し業務改善命令、日本郵便に対して業務停止命令と業務改善命令を出した。ガバナンス(企業統治)の見直しと経営責任の明確化などを求めている。

 併せて、金融庁は、両社に新規の保険販売を3か月間停止させる一部業務停止命令を出した。顧客に虚偽の説明をして保険料を二重に支払わせるなどの不正が横行していたことを重く見た。内部管理体制の強化など、再発防止を徹底させる。