2019年07月31日ノルマ廃止を表明「信頼裏切った」 日本郵政

 日本郵政は、かんぽ生命保険の不適切販売をめぐり傘下の日本郵便での今年度の営業目標(ノルマ)を廃止し、2020年度以降は抜本的に見直すと発表。郵便局で取り扱う保険商品などは当面、積極的な営業は行わないとも表明。郵政グループは、顧客に不利益を与えた可能性がある18万3000件の保険契約を調査する。記者会見した同社社長の長門氏は不適切販売について「郵便局に対する顧客の信頼を大きく裏切ることになり断腸の思い」と謝罪。