2020年06月19日世論調査で架空回答を不正入力 フジテレビ、産経新聞

 フジテレビと産経新聞は、FNN(フジニュースネットワーク)と産経新聞が合同で行っている世論調査で、調査業務の委託先による一部データの不正入力があったと公表。

 不正入力を行っていたのは、両社が調査業務を委託していた「株式会社アダムスコミュニケーション」が一部を再委託していた「日本テレネット株式会社」のコールセンターの現場責任者。両社の世論調査は電話による質問に対する回答を集計する形で行っているが、実際には電話をしておらず、架空の回答を2019年5月から2020年5月まで、計14回の調査で入力していた。同期間の調査1回あたり約1000サンプルにつき100数十サンプルで不正がみつかり、14回の調査で計約2500の不正サンプルがあった。  

 フジテレビは同期間の世論調査結果及び関連放送を取り消し、産経新聞は世論調査計14回の全記事を取り消すとしている。

 架空データは全14回の調査サンプルのうち約17%に及んでいる。