2019年01月11日勤労統計調査で長年の不正調査 厚生労働省

 賃金などを調べる勤労統計で、厚労省は2004年以降、全数調査が必要な従業員500人以上の事業所のうち、東京都内の該当事業所のうち一部のみしか実施していなかった。

 2017年、東京都内には500人以上の事業所が1,461所在しているが、調査では491事業所のみを抽出して実施していた。少なくとも1996年から、調査対象として公表していた全国の事業所数よりも、実際は少ない数しか調べていなかった。