2018年08月02日女性受験者の得点を意図的に減点 東京医科大学一般入試で

 東京医科大学の一般入試で、女性の受験者の得点を一律に減点していたことが明らかになった。女性の合格者を全体の3割程度に抑える目的があったとみられる。東京医科大学医学部医学科の一般入試では、マークシート方式の1次試験と面接や小論文による2次試験を実施しているが、関係者によると、大学側は1次試験の合格者が出そろった段階で女性の受験者の得点を一律に減点し、2次試験に進む女性を恣意的に少なくしていた。

 女性は結婚や出産を機に職場を離れるケースが多いため、女性の合格者を全体の3割前後に抑え、系列病院の医師不足を回避する目的があったという。不正な得点の操作は2010年前後に始まっていた。