2022年01月14日子会社2社のGoToトラベル事業不正受給を認める HIS

 エイチ・アイ・エス(HIS)は、12月24日、子会社2社のGoToトラベル事業をめぐる不正受給疑いについて、弁護士らによる調査委員会の報告を受け、ミキ・ツーリストとジャパンホリデートラベルで宿泊の実態のない取引があったと認めた。不正受給額は最大で6億8千万円。いずれもHIS元社長の平林朗氏が代表を務めるホテル運営会社、JHATとの取引によるもの。HIS本体の関与は確認されていない。会見した澤田秀雄代表取締役会長兼社長は「HIS本体は不正に一切関与していない」とコメント。

 不当に受給していた額はミキが4,080万円、ジャパンホリデートラベルが最大で約6億4,249万円。ミキの場合、JHATの運営するホテルの客室20室60泊分を1室当たり1泊6万8,000円、計8,160万円でミキが買い取る契約を2020年10月に締結。宿泊者名簿に役員と従業員80人の名を記していたが、延べ4800泊のうち実際に宿泊したのは114泊だった。役職員を除くミキの従業員60人に対しては名前記載の同意も得ていなかった。