2018年07月17日小学校1年生の児童 校外学習後に熱射病で死亡

 愛知県豊田市の梅坪小学校で、1年生の計112人が同日午前10時ごろ校外学習のため約1キロ離れた公園に徒歩で向かい、11時半ごろ小学校に戻った後、1人の男子児童が教室で休憩中に意識を失い、搬送先の病院で死亡した。教室にエアコンはなく、4台の扇風機しか設置されていなかった。

 男子児童が死亡したことに対し豊田市の太田稔彦市長が会見。

 「安全安心であるべき学校教育の現場で、こうした事故が発生したことについて、市民の皆様にも大変ご心配をおかけしたことを、心からお詫び申し上げます。昨今の異常気象を踏まえての熱中症対策が、不十分だった」と謝罪。