2020年06月02日府中市職員と市議2人を逮捕 工事発注に伴い談合

 警視庁は、東京都府中市が発注した2件の工事で最低制限価格の情報を漏らしたとして同市都市整備部参事で元部長の塚田雅司容疑者を官製談合防止法違反容疑で逮捕したと発表。同市議の村木茂、臼井克寿両容疑者も業者に情報を伝えたとする公契約関係競売入札妨害容疑で業者の3人とともに逮捕。

 塚田参事は同部長だった2019年8月、公園新設と道路拡幅工事の指名競争入札に際し、最低制限価格が約1億1千万円、約5400万円との情報を村木市議と臼井市議に漏らした疑い。村木市議は土木工事業「府中植木」の田中善雄容疑者に、臼井市議は造園業「玉川造園」の玉川龍昭容疑者を通じて土木工事業「池田土木」の池田伸夫容疑者に、情報を伝えた疑いがある。