2018年01月25日自社の株でインサイダー取引 東芝テック元社員

 証券取引等監視委員会は、東証1部上場の「東芝テック」の未公表情報を入手し同社株を売買したとして、金融商品取引法違反(インサイダー取引)の罪で同社の元社員と知人の医師を東京地検に刑事告発。

 告発されたのは、当時同社の財務部に所属していた男性元社員と、知人の男性医師。監視委によると、2人は2015年10月16日、東芝テックが特別損失を計上するという重要事実を入手。男性医師名義の口座を使って借り入れた株を売って値下げ後に買い戻す「空売り」の手口で、東芝テック株16万株を計7178万円で売りつけていた。