2018年04月23日財務事務次官のセクハラ疑惑 24日の閣議で辞任を決定の方針

 政府は、セクハラ疑惑を報じられた福田淳一財務事務次官の辞任を24日の閣議で正式に決定する方針。

 財務省は事実解明の調査を継続しており、セクハラが実際にあったかどうかは現時点で認定していない。

 同省は野党が開いた合同ヒアリングで、福田氏の退職金は満額の約5300万円になると説明。

 野党は福田氏が退職金を満額受け取ることを批判し、辞任前の処分を財務省に重ねて要求。