2018年04月18日財務省事務次官 辞任を申し出

 週刊新潮で女性記者にセクハラ発言を繰り返したと報じられた財務省の福田淳一事務次官が辞任を申し出た。

 福田氏は同省内で記者団に対し、「現在の状況では職務を果たせない」と辞任の理由を説明。

 「週刊誌に掲載された記事は事実と異なる」と述べ、裁判で争う考えを改めて表明。

 「セクハラの認識はない。録音された声が自分のものかは分からない」としながらも、「報道が出ること自体、不徳の致すところ」と語る。