2018年12月16日除菌消臭スプレー缶が爆発 アパマンショップ

 午後8時30分頃、札幌市豊平区平岸にあるアパマンショップ札幌平岸駅前店で除菌消臭スプレー缶100本以上が爆発。同店店長と社員が未使用だった消臭用スプレー缶120本を店内で噴射。店長は「契約数が多く消臭業務に手が回らず帳簿と現物の量を調整しようと処分していた」と話している。北海道警はスプレー缶の可燃性ガスが店内に充満。引火し爆発したものとみており、スプレー缶の管理や処分の経緯を調べるとともに重過失致傷容疑などで立件を視野に捜査。

〇2日後の18日、アパマンショップリーシング北海道の佐藤社長が会見し、謝罪。